昭徳水産株式会社

お問い合わせ

サイトマップ

旋網漁業とは

まき網漁業とは

漁場図

魚の群れを探し、網で囲い込んで獲るまき網漁。
それぞれの役割をもつ数隻の船が船団を組んで漁をする、チームワークが必要な漁法です。

1船団は網船1隻、灯船2隻、運搬船2隻で構成されており、合計55~60人が乗り込みます。
漁場は島根、山口両県界から北西の線以南の日本海、対馬沖、五島沖、東シナ海の海域が主漁場です。

現在日本では、約100ヶ統の大中型まき網漁業船団が年間約90万トン、約1千億円(わが国海面漁業の漁獲量の約20%、水揚金額の約10%)の水揚を行い、わが国漁業生産にとって最も重要な漁業のひとつとなっています。
 

網船
網船
灯船
灯船
運搬船
運搬船

 

出港から帰港までの流れ

漁の始まり

出港準備

出港、見送り

灯船が中心となって、魚群探知機・ソナー・目視で魚群を
探す
灯船が光で魚を集める

魚群を発見したら、魚群の行動、風・潮流などを考慮して、網船が帯状の網を投入し、魚群を網で大きく巻く

徐々に魚群を囲い込みながら海底側の網のワイヤーを巻き上げ、口を絞っていく
大きな網で魚をすくい上げるイメージです(沈子側につけてある環ワイヤーを引き締める)

網船や運搬船を支えるために灯船で裏漕(網の反対側に引く)する
運搬船を網に取り付け、アゼ網で魚を数十回すくい上げ、水氷とともに魚艙に収容する
一晩で1~2回、多い時で4~6回網の投入と漁獲作業をする
1回の漁は2時間くらい

運搬船は魚を魚市へ運び水揚げを繰り返す(おおよそ2隻で1日交代)

月夜間には全船帰港

網揚げを終えて帰宅

漁の終わり

まき網漁業で獲れる魚の種類別割合

4船団合計

漁獲総トン数 32,349t

平成25年度 実績(平成25年1月~12月)

魚種割合

1年のスケジュール

年間スケジュール

平成25年度 実績

満月

月夜間とは

イカ釣り船やまき網船など集魚灯で魚を集めて漁をする漁船は、集魚灯の効果が薄れる満月の前後数日間は毎月漁を休みます。

その期間を船体の修理や乗組員の休養などに当てています。
その期間のことを月夜間と言います。

トップに
戻る